エンジニアの育児ログ

エンジニアとして10年働き、現在4歳児の子育て中。日々、感じたこと、改善してることを。

認可保育園に入れたのに引っ越します

せっかく認可保育園に入れたのに、引っ越しをするという話。

 

理由としては大きく3つある。

❶勤務地が遠くなった

❷手狭になった

❸もともと売るつもりだった

 

 

❶勤務地遠い

勤務地が近いところに引っ越したのに、勤務地が移転により遠ざかった。最悪です。無駄な通勤時間を減らしたい。そうすれば、もっと早くお迎えに行ける。

 

今は時短勤務だから、やっていけているけれど、子どもが小学生に上がるとフルタイムに戻ります。そうしたら、帰りがかなり遅くなってしまう。あまり、現実的でないと判断しました。

 

❷手狭になった

実は、マンションを購入したとき、子どもはいなかったのです。夫婦2人で住むつもりで勤務地に通いやすい場所を選びました。子どもが生まれ手狭になったのです。

購入するとき、マンションの営業さんは広い部屋を勧めてきましたが、拒否…その理由は❸へ。

 

❸もともと売るつもりだった

資産性ブーム?に乗っかって、売却するつもりでありました。

あとは、不動産バブル。いつ弾けるかわからない。まぁバブルなのどうかもわからないけど。売るなら今!と。

 

 

 なんで今のタイミングなのか

タイミング的にも小学校入学で引っ越すよりも、年中、年長と一緒に過ごす友達と、住み慣れた土地で小学校に進級できた方が良いだろうと考えました。

幼稚園から同じ小学校に通うお友達がどれくらいいるのか。というと昨年は10名程度とのこと。…少ないか。

 

ただ、お友達ともコミュニケーションが取れるようになり、一緒に遊ぶ機会も増えてきました。仲の良い友達も教えてくれます。せっかく構築できてきた友達関係をリセットさせるのも、可愛そうだなと最近は感じています。

 

ただ子どもの適応能力は高い。長い目で見て、彼にとって良いと私たちなりに結論を出したので、一緒に頑張ります。

 

しかし、引越し先には保育園の空きがなかったのです。この話は続く。